着終わったばかりの着物

着終わったばかりの着物

着終わったばかりの着物は、体温が残っていて、汗などで湿気も抜けていない状態です。そのままタンスに入れてしまうと、 着物が変色したり、カビが出る原因になります。大事な着物をきれいに保管し、長く着られるようにするためには、 着た後のお手入れが大切です。

着終わったばかりの着物は、体温が残っていて

着終わったばかりの着物は、体温が残っていて、汗などで湿気も抜けていない状態です。そのままタンスに入れてしまうと、
着物が変色したり、カビが出る原因になります。大事な着物をきれいに保管し、長く着られるようにするためには、
着た後のお手入れが大切です。

 

 

○着終わった着物は風を通す

 

着た後の着物は、着物用ハンガーに掛けて、風通しのいい、直射日光の当たらない場所に、できれば一晩つるしておいて、
風を通し着物の除湿をします。一晩がムリな時でも、最低2時間ほど必要です。長襦袢や帯も、別のハンガーで、同じ
ように風を通します。

 

 

○着物のホコリ等を取る

 

風通しが済んだら、着物についたホコリは、専用ブラシでやさしく払います。ブラシがない時は、清潔な、よく乾いたタオルなど
で代用できます。それと一緒に、着物にシミやよごれがないか、チェックします。

 

長襦袢、帯も同じようにケアし、ぞうりは湿気を取った後に、やわらかい布で、たたくようにほこりをはらいます。

 

○素材によって、洗えるものは自分で洗う

 

素材が木綿の肌襦袢、足袋などは、水洗いできますので、自分でも洗濯できます。
型崩れしやすい足袋や、絹の半襟は、手荒いか、クリーニングに出した方がいいでしょう。
肌襦袢などは、洗濯機でも洗える物もありますので、製品についている洗濯表示の通りに洗います。
弱水流の表示があったら、洗濯ネットに入れ、弱水流や手荒いコースなどを選びます。
脱水が終わったら、しわをていねいに伸ばしてから干すようにします。

 

○自分で取れないシミ、よごれはクリーニングへ

 

風とおしが終わって、チェックした時に見つけた汚れ、シミは無理に取ろうとすると、かえって生地にダメージを
与えたり、ヨゴレが浸透してしまう原因になります。落としきれないヨゴレ、シミを見つけたら、すぐに着物専門クリーニング
に出したほうが、大事な着物が長持ちします。

生命保険の見直しをしよう

生命保険に加入する際は、自分に適切な生命保険に加入することになると思います。
しかし、自分の生活が変わることで、自分に適した生命保険というものも変わってくると思います。
そこで、自分の生活が変わった際は、生命保険の見直しをすることが望ましいとされています。
生命保険の見直しを行う際は、どういったことに重点を置くかが重要となってきます。
基本的には、「長生きの備え」か「万が一の備え」に重点を置いて生命保険の見直しを行うことになると思います。
まずは、長生きの備えに重点を置く場合から見ていきましょう。
長生きの備えをする場合は、充実した保障内容は必要ないと言えます。
生命保険というものは、病気や怪我をした時に保険金を受け取るというものです。
つまり、健康に長生きをした場合は、生命保険の必要性も薄れてくるのです。
そういったことから、長生きの備えをする場合は、充実した保障内容よりも、貯蓄性を重視したほうが良いと言えるでしょう。
次に、万が一の備えに重点を置く場合を見ていきましょう。
万が一の備えに重点を置く場合は、充実した保障内容が必要になってくるでしょう。
万が一に備えて、充実した保障内容にしておくことで、病気や怪我をした時に、多くの保険金を受け取ることが出来ます。
また、死亡してしまった時も、保険金を受け取ることが出来るので、死亡保障についても、気を配っておく必要があります。
このように、生命保険の見直しを行う際は、様々なことを考慮する必要があるのです。
こちらもおすすめ⇒seo-kobe.com

 

 

更新履歴